ホーム  > 九州四十九院薬師霊場会  > オンコロコロ センダリマトウギ ソワカ 薬師如来様のご真言

オンコロコロ センダリマトウギ ソワカ 薬師如来様のご真言

お薬師様のご真言についてご紹介致します。

お薬師様のご真言

痛いの痛いの飛んでけ

お薬師様の真言(仏の働きを表す呪文)は「オン コロコロ センダリマトウギソワカ」です。真言や陀羅尼は訳すものではありませんが、おおよそ「帰依し奉る、病魔を除きたまえ払いたまえ、センダリやマトーギの福の神を動かしたまえ、薬師仏よ」となります。

子供の頃は、このまじない言葉は抜群の効きめで、目イボのできた時は「アビラウンケンソワカ」と父に唱えてもらい、フーッと息で吹いて100%治りました。
また薬師真言のあとに「チチンプイプイ、痛いの痛いの飛んでいけ」で本当に楽になりました。
ところが、あるお婆さんがお祓いの真言を和尚さんから教えられ、「大麦小麦二升五合」と覚えて大層な効き目でした。
次に来た和尚さんに、正しくは「オウムショウジョウ、ニシヨウゴウシン」だよと直されて、とたんにお婆さんの真言の効きめがなくなりました。

現代人は、いつも効率とか効力を真先に考えますが、のどが乾ききった時は、どんな栄養剤よりもたった一杯の水が命を元気づけます。
ご真言とは、自分の治る力と仏様の治す力を信じて、一心に唱える時に輝きはじめる世界です。

薬師真言のコロコロは、幹部をなでてさする母の手です。悪いしこりを解きほぐし、痛みを丸め取って、ピーンとはじき飛ばしてしまいます。唱える数は、三・七・十三回、我が子に幸せを吹き込むチャンスです。

第十九番札所 昌龍寺 霊元丈法

このページの先頭へ戻る